Moten自毛植毛医院 Moten自毛植毛医院 自毛植毛電話相談
   ホーム Moten紹介 Moten自毛植毛プログラム 男性毛髪 女性毛髪 手術前後・料金 新着情報 お問い合わせ
男性毛髪
格安自毛植毛料金
FUE(Slit法)自毛植毛 医者 募集
お問い合わせ
生え際の矯正|抜け毛や薄毛、韓国の自毛植毛口コミ評判
生え際の矯正 丈夫な毛髪の永久的な定着のため努力致します。

生まれつきの広いおでこや高いおでこ、M字型生え際をもった場合、顔の輪郭の全体的な不調和に均衡があわず、自然なヘアスタイルの維持しがたいです。生え際の矯正を通じ個々人の顔の全体的な調和のとれた自然なヘアスタイルの演出ができるようにすることに主眼点をおきます。

生え際の矯正
高いおでこ
おでこの高さは平均的な日本成人男性の場合、中央毛髪線から7cm~8cmの高さが相応しく、おでこは顔の長さの1/3になって相応しい均衡の維持できます。
あまりに下げることよりは予め十分な相談を通じ、個々人に似合う自然に見える相応しい矯正の幅を決定された方が相応しいです。生え際の矯正時、およそ0.5~2cmの程度の矯正をされた方が比較的自然なヘアラインの形成できます。

広いおでこ
平均的なおでこの幅は14cmほどです。16cm以上であれば左右幅が広いおでこといえます。
高いおでこの生え際を下に下げて広いおでこの幅を縮めることでおでこの全体的な均衡にあわせシャープな楕円形の顔輪郭を完成できます。
全体の顔との自然な形態になるように繊細な植毛作業が大事です。

M字の額
M字の額の場合、生まれつきの場合も珍しくありますが、普通の場合は老化と薄毛の初期形態と現れる場合がほとんどです。
M字の程度がひどければおでこが広く見えて老けて見える原因になります。
普通、こめかみ部分も共に薄毛が進行される場合が多いのでM字部分と共にこめかみの植毛も考慮された方がいいです。
薄毛の進行形態と後頭部頭皮と毛髪の状態によって植毛範囲を慎重に決定しなければなりません。






自然な自毛植毛
自毛植毛時の髪の毛の方向(Direction)と角度(Angle)、深さ(Depth)、周辺毛髪の密度(Hair Density)を考慮し既存の毛髪の流れにあわせて植毛となる必要があり、前の方のヘアラインを不自然に一直線にすることではなく様々なところPeek-Pointを作ることで最大限の自然なヘアスタイルを作れます。ヘアラインを形成する部分は繊細な分類作業を通じ、単一毛及び細い髪の毛(Single Vellus Hair)と認識する技術があってこそ自然なヘアラインを作れます。Moten医院は自然なヘアライン矯正に豊富な経験と技術を保有しており、次のような技法を使用しております。

スリット技法(Slitting Skills)
植毛部位の周辺毛髪方向(Direction)と角度(Angle)、Slitの深さ(Depth)調節、周辺毛髪の密度(Hair Density)などを綿密に分析後、Slit作業を施行します。点層的に植毛毛髪の方向と頭皮との角度、深さ、密度調節などを通じ、植毛後、望むヘアスタイルを演出できる満足な矯正が叶えるようにします。


植毛技法(Implanting Skills)
植毛植毛する時、最も前の方の毛髪線は単一毛及び細い髪の毛(Single Vellus Hair)植毛を通じ、細く微細な髪の毛が生えてきて次第に太い髪の毛が生えてくる段階的な植毛方法です。細い毛(Vellus Hair)がない時は細密な毛根分離及び剥離手順を通じSingle Vellus Hairを得られます。


細分化技法(Localization Skills)
最も前の方の毛髪線は単一毛及び細い髪の毛(Single Vellus Hair)と毛根一つに1本に植毛し、その後ろの方は2本のもの、最も後ろのラインは3、4本の毛根を満たすことで点層的な毛髪個数の増加を計ります。
Localizationの長所は植毛部位周辺の既存毛髪の密度、方向、深さなどを考慮し周辺の毛髪との密度不調和や不自然さを最小化でき、ヘアラインの後ろの方向にいくほど自然なボリューム感と密度感を生成します。



Moten自毛植毛医院 商号名:Moten自毛植毛医院 | 代表者:イ・デヒ |  事業者登録番号:214-91-07084
住所:ソウル市瑞草区瑞草洞 1673-1 人&人ビル3階 | Tel:050-5532-2813 Fax:070-7560-2813 E-mail:info@motenhair.jp
Copyright© MotenHair.jp All Rights Reserved. Google+