Moten自毛植毛医院 Moten自毛植毛医院 自毛植毛電話相談
   ホーム Moten紹介 Moten自毛植毛プログラム 男性毛髪 女性毛髪 手術前後・料金 新着情報 お問い合わせ
男性毛髪
格安自毛植毛料金
FUE(Slit法)自毛植毛 医者 募集
お問い合わせ
男性の薄毛|抜け毛や薄毛、韓国の自毛植毛口コミ評判
男性の薄毛 丈夫な毛髪の永久的な定着のため努力致します。

毛髪は印象に重要な影響を与え、歴史的に美と深く連関付けてきました。
薄毛の原因が100%明かしておりませんが、遺伝、薄毛の家族歴、男性ホルモン、ストレス、血液循環障害、避妊薬、シャンプーの習慣など、その原因がとても多様です。
遺伝的素因に起因した男性型の薄毛(Androgenetic Alopecia)は男性たちの間で最も平凡な種類の薄毛症であり、思春期以降、男性の2次性徴後、毛髪が薄くなり結局、毛髪の密度が減少することを言います。成長段階にある毛根の密度と毛髪の太さが減って頭皮が露出する現象です。
現代人のひどいストレスや栄養欠乏、毛髪染料、持続的な帽子着用、頭に刺激を与えるヘアピン使用などに薄毛が促進されます。
これを予防するためにはストレスを減らせる努力と心身の安定、均衡とれた食事と栄養補充、頭皮に刺激を与えないシャンプーの使いなど薄毛を抑制するため生活中の努力が並行されなければなりません。


男性薄毛(Androgenetic Alopecia)の原因

遺伝的要因(Genetic Factor)
遺伝的素因や家族歴のある人は普通、思春期が過ぎて男性ホルモンの分泌が旺盛な頃、(23歳後)薄毛を初めて経験することになります。
両親に共に薄毛の遺伝子をうけた場合には薄毛が発生される確率が極めて高く、遺伝的素因があっても思春期以前には薄毛が進行されません。

ホルモンの要因(Hormonal Effect)
男性型の薄毛症はテストステロンよりDHTホルモンの影響を更にうけます。
DHTホルモンは5-α reductese酵素がテストステロンに影響を与えできるホルモンです。
又、ストレスをうけ、ストレスホルモンが分泌されると男性ホルモンの分泌を促進させて薄毛が更に早く進行されます。
特に悪い食習慣は栄養の不均衡をもたらして毛根が弱くなる影響をもたらし、薄毛の原因となりコレステロールの血中数値が増加すると男性ホルモンの生成を促進させ薄毛症を悪化させます。

老化(Aging)
遺伝的素因がなくても老化過程として一部の髪の毛の太さが薄くなり、長さも短くなるます。
しかし、薄毛のはじめの時期は上から言及した遺伝的素因とホルモン要因の影響をいかに多くうけたかが最も大きい原因となります。


その他の要因
精神的な衝撃や栄養欠乏、疾患、持続的に毛根に衝撃を与える場合、薄毛が進行されます。

円型薄毛(Alopecia Areata)
円型薄毛の原因はストレスなどによってできる自家免疫の異常です。
90%以上は6ヶ月~1年後に治療しなくても元々の毛髪に回復されますが、1年後にも毛髪が伸びない場合には専門家の相談が必要です。自毛植毛の適応症になるといい効果も見られますが、円型薄毛の症状は繰り返す特徴があるため円型薄毛を起こすストレスの状況を作らないことが大事です。

傷跡性の薄毛(Alopecia Cicatrisata)

毛髪があるはずのところに傷跡があり、その部位に髪の毛がない場合、傷跡性の薄毛といいます。
原因としては外傷や炎症などに起こる場合が多いです。


男性薄毛の類型



Moten自毛植毛医院 商号名:Moten自毛植毛医院 | 代表者:イ・デヒ |  事業者登録番号:214-91-07084
住所:ソウル市瑞草区瑞草洞 1673-1 人&人ビル3階 | Tel:050-5532-2813 Fax:070-7560-2813 E-mail:info@motenhair.jp
Copyright© MotenHair.jp All Rights Reserved. Google+